ランチパスポート 神戸 11 プルドBEEFバーガー@トニーローマ 必訪!&バーガー食べ方?

スポンサーリンク

ランパス神戸第11弾、今回はなかなかうまく廻れません
美味しいであろうお店が…平日昼のみ・予約不可・限定〜35だったりするのです

最難関と思われるうちの一軒、トニーローマさんにやっと伺えました
ランパス買ったら、やはりこちらは必訪です!!
今回のメニューはこちら
いつもは「マンスリーランチ」がランパスになるのですが、
今回の本のメニューの方はそれよりも高い「バーガーランチ」になっています


※左の写真は昨年8月のものですが、変更はないと思います

11時20分くらいに来店して、先客既に5人くらい
意外にもシニアが多いです
ほとんどがバーガーをいただいているようですが
かじっている方はあんまりありません
お皿の上においたまま、食べていらっしゃいます

オーダーと同時にスタンプなので注意

オーダーして10分ほどできました
紙で包んでお召し上がりください、とのこと
飲み物はアイスコーヒーでオーダーしました
※+108円で赤・白・スパークリングワインに変更可能
+216円で一番搾りorバドワイザー、
+432円で大きなサイズの一番搾りorバドワイザーに変更可能

写真映えしまくりです
インスタに載せる人が多いわけです

この肉を一片フォークに突き刺して、眺めます

角煮みたいや

口に入れます

角煮や
油気のないタイプの

プルド(pulled)って何?と思って調べてみると
骨付きあばら骨を加熱調理して、骨から外す…の意のようです
なので、部位的なことを考えると
角煮っぽい感じがしても不思議ではないのかも
ただし、今回のトニーローマさんの肉はビーフなので
もう少しサッパリ
ゆえに「油気のない」と感じたのかもしれません

そう、一枚肉は入ってません
日本語で云うなら
「牛の角煮風・中落ちバーガー」か??

中のサラダが新鮮
トマトとオニオンとレタス
アメリカンなサブサンドやバーガーの
美味しさを左右する部分もしっかり!!

バンズはちょっと焦げ気味に焼かれていて
肉汁やサラダの水気を吸わないようになっています

これ…
どうやれば紙で包める?!

三角に折り畳んだままの紙で巻いても、中の汁などが向こうに落ちそうです
こういうのみたいに、袋になってりゃいいんだけど…

とりあえず、下に敷いてある紙は…いったんひろげて

トニーローマさんのロゴ=紙の面が中に向く状態でくるみます

↑のようにすると食べやすいかもしれません
ただし、紙の強度があまり大したことないので
汁気を吸いすぎると破けます 注意

ビネガーの利いたサラダとビーフ
割とさらっといけます

ポテトは…サブウェイさんのポテトと同じかんじ
おそらくオーブン仕上げのやつです
べっとりしてなくていい

コールスローは、キャベツとセロリの甘いもの
マヨネーズのようでいて、甘いドレッシングでまとめてあります
プツプツ入っているものは、調べてみるとキャラウェイシード?だそうです

これを500円でいただけるとは、、、
しかも絶景
とっても太っ腹なトニーローマさん

しかし。
これよりもっと太っ腹な事態が。。。

とにかく、ランパス神戸第11弾を買ったら必ず行きたいお店です!!
ごちそうさまでした!
(つづく)