そごう神戸 催事 飛騨高山展 高山らーめん 吉田屋 チャーシュー麺も美味

スポンサーリンク

そごう神戸さん 3月14日からは飛騨高山展
高山らーめんの吉田屋さんに伺いました
昨年あった「ケーチャンメン」はなくなってまして
チャーシュー麺を頼んでみました 1026円

チャーシュー増えた!!
普通盛りだと1枚→4枚
(5枚だったかも…玉子の下に沈んでいたかも?です)


参考:普通の「高山らーめん」(756円)

差額が270円なので
コスパは…?です
(チャーシュー麺の見本写真がなかったので頼んでみました)

今日は麺に縮れが残った仕上がり

公式通販サイトを確認すると茹で時間1分くらいとあるので
昨日は茹ですぎのものが出てきたのかもしれません
   (昨日頼んだときの麺の状態)↑

個人的には硬めに茹でてある方が好みです

酢も山七味も一切入れずにそのままいただきました

帰り際に、壁に貼ってあるポスターに目がいきました

(引用)
多くのご当地ラーメンは戦後の混乱期、物資に乏しく国民が飢えにあえいでいたころ、
その土地土地で比較的手に入り易い材料で作った、
麺と汁で「腹いっぱいになる食べ物」として発祥しました。
(中略)
贅沢で潤沢な材料を特殊的?な手法で作っている
いわば「創作ラーメン」と比べる事はもちろん出来ません。
ジャンルが違うのです。
(引用ここまで)

懐かしいお味は、あまり贅沢をせずにいただくのがいいのかもしれません
今日頂いて改めて思いましたが
西宮の光明軒さんなど「昔ながらの中華そば」がお好きな方、
訪れていただきたいお店です
ごちそうさまでした!