ランチパスポート 神戸 8 金 よだれ鶏丼@江湖菜 蜀と違って「丼」っぽい 美味必食!

スポンサーリンク

ランパス神戸第8弾では、四川曹家系のお店は2つとも金に掲載されています
今回は2店舗ともよだれ鶏丼を出すとのこと。
先に蜀さんでいただいて美味だったので楽しみにしていました
※冷やし担々麺のレポはこちら

よだれ鶏丼@江湖菜さん

よだれ鶏丼@江湖菜さん


参考:ランパス神戸第8弾 蜀さんのよだれ鶏丼
器は四川曹家担担麺館のもの。小ぶり。

器は四川曹家担担麺館のもの。小ぶり。


どちらのお店でも「ごはん ちょっと」でお願いしています

よだれ鶏じたいはどちらの店もレシピは同じと思われます
鶏がやわらかいのも、冷製なのも、花椒の効いた麻辣ソースも、鶏の量も同じくらいです
(ソースの花椒が、蜀さんのほうが効いていたかも??)
1180円、と書いてあるのは…グランドメニューのよだれ鶏のお値段かもしれません
トイレの人気メニューランキングという張り紙に 「よだれ鶏 1180円」とありました

さて、話題を元に。
この2店舗では…載っているお野菜が違います
【江湖菜さん】
・キャベツの千切り
・水菜
【蜀さん】
・サニーレタス
【どちらのお店でも使っていた】
・赤大根
・青ネギ(江湖菜さんはネギたっぷり!)
よだれ鶏のトッピングには白ゴマとピーナッツ。

江湖菜さんの盛り付け方の方が「どんぶり」っぽいです
花椒の辛味をキャベツの千切りが和らげている印象です
どちらのお店も美味ですが
食べやすいのは江湖菜さんかもしれません
ガツーン!とした麻辣味がお好きな方は蜀さんにもいらしてみてください!
私は今回、こちらの2店舗ともランパス使い切ると思います
ごちそうさまでした!

どんぶり!

どんぶり!


中はこんな感じ

中はこんな感じ


この鶏がたまらない

この鶏がたまらない

この後、辛いもの探求が止まらなくなって南京町に立ち寄ったのですが
化学調味料を使っていない輸入物の豆板醤をみかけて、購入!

化学調味料の表示なし

化学調味料の表示なし


コクがあって辛い。花椒は入っていない

コクがあって辛い。花椒は入っていない

早速使ってみたのですが、化学調味料のくどさがなくて使いやすく、かつ旨味がしっかりとあるお味でした

南京町で以前購入してきた花椒と合わせると
四川料理に少し近づけたかな?というお味になります
しかし、やはりプロにはかなわないので…ランパスは嬉しいですね!