神戸グルメブログ 200gロースステーキランチ105x円 肉と取っ組み合い そして

スポンサーリンク
新機能!!食イベントカレンダー デパート・地域のイベントをチェック

ランチタイムにロースステーキ200gが105x円(税込・ライス&スープ付)

一人で行くと必ず座りにくくて激狭のカウンターに通されるのは
ランパスのときと相変わらず
そこで15分くらい待つと出てきます

この肉の真中
何じゃあこりゃぁあああっ!?!?

赤身肉の部分はほどよく塩味がついており、肉の旨味はあります

ただし
可食部が筋や脂肪、膜のような部分と完全に癒着

また、ナイフで切ると、赤身肉の中にも筋が…
筋切りの手間を省くことでコストを抑えたのでしょうか

可食部位を切り出します もはや手術です
先がギザギザになっているくらいでは歯が立たない、刃も立たない
食べるのに大変時間がかかります
サムギョプサルを切るときのハサミが欲しくなります

【今日の教訓】
焼く前に不要な脂身を取り除いたり
(あ…200gじゃなくなってしまう…?)スジを切っておいたりと
下ごしらえ代も、払うべきコストなのかも

※105x円、と表記しています 105円ではなく1000円ちょっと、の意です

テキストのコピーはできません。