番外編 二子玉川 鮎ラーメン昼営業 しょうがそば 炙りチャーシュー盛り 激旨(後編)

スポンサーリンク
新機能!!食イベントカレンダー デパート・地域のイベントをチェック

二子玉川に立ち寄った際、鮎ラーメンさんを再訪しました
何年か前この辺りに住んでいたときに時折伺いました
12時前に伺ったら行列が…
しかも「しょうがそば」という見慣れない暖簾
昼と夜で出てくるラーメンが異なるようです
で、しょうがそばと炙りチャーシューとおにぎり(小さめ)をお願いしました
炙りチャーシューとサービスのおにぎりについては前編

で、ラーメンがきました
右の葉っぱは「フーチバー」
沖縄のよもぎだそう


このしょうがそば…
今までにない衝撃的なお味だったのです!!


お出汁をすくってみます
しょうが独特の風味 しかし苦くはない
どちらかというと甘くも感じられる
鮎ラーメンのお出汁が元になっているのかな
不思議な味!と思ったけれど
すすっていくうちに病みつきになります

麺は柔らかいかんじ
生姜をやさしく吸い込みます

この根菜チップス…
レンコンは形でわかりますが、説明によると
この細いものは「しょうが」のはず??
「薄くスライスして揚げた
しょうがたっぷりのってます」

しかし口にいれると牛蒡のような風味 土の匂い、けれど泥臭くはない
土の中で大切に育てられた根菜類のお味

スープに浸かると細いところに水分が戻ってきて
こんなふうにふやけます
食べてみてももうひとつ正体が見抜けなかった…
しょうがの「ビリっ」としたお味ではないのです

フーチバーのことを書くのをわすれていました
スープにつけるまえに齧ってみると少し苦く、独特の爽やかさが拡がります
フーチバーはジューシー(沖縄の炊き込みご飯)でしか食べたことがなく
単品でいただくと「よもぎ」風味に溢れるものだとはじめて知りました
面白いアクセントです

チャーシューは炙りチャーシューのものと同じと思われます
炙っていないとちょっと脂がヘヴィーかも

卵はふつう

美味かった

炙りチャーシューも是非頼んでみてください
ごちそうさまでした!

食後、二子玉川の紀伊国屋書店さんの平積みを見ていたら

世田谷ライフマガジン 60 (エイムック 3591)
↑こちらに夜営業の「鮎ラーメン」さんが掲載されていました

鮎ラーメン 二子玉川店ラーメン / 二子玉川駅二子新地駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

テキストのコピーはできません。